Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/jujutaku10/ericclapton-online.com/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
サラ金って高利貸し?お金を借りたい人のカードローン | 「キャッシング通らない」?→それなら、ここをお試しください!

急にお金が必要になり、銀行では借り入れが難しいのでサラ金でお金を借り入れたいと思っています。銀行の融資に比べると金利がすごく高いと思うのですが、やはり高利貸しで一度借りると雪だるま式に膨れ上がって、知らないうちに借りてもいない金額になっていたりするものなのでしょうか。

とは言え、お金が早急に必要で困っています。サラ金での借り入れについて知っている方がおられたら教えて頂けないでしょうか。よろしくお願い致します。

サラ金での借り入れは安心安全です

サラ金での借り入れは安心で安全ですよ。確かに銀行に比べると金利は高いですが、高利貸しで違法ということもないと思います。ここ数年、過払い金請求についての話題尽きず、金利の払い過ぎによる訴訟問題も増えているので規制が厳しくなり、金利は法定内です。

2006年の法改正による総量規制などの影響もありサラ金も生き残りが厳しくなったので、今や有名な大手消費者金融のほとんどは銀行のグループ会社です。対応も丁寧で借り入れの相談も親身に聞いてくます。昔のイメージがあるとサラ金で借りるのは怖いと思われているかもしれませんが、今はそうでもないですよ。

学生や主婦、パートやアルバイトの方でもたくさん借り入れをされてますし、簡単に申し込んですぐに借りられるので、便利だと思いますよ。カードローンであれば専用カード発行されてATMやコンビニでも簡単にお金を引き出せるのでいつでもどこでも利用できますし、審査も身分証明書があればそれ以外の提出書類は必要ないので本当に簡単で助かりますよ。一度、お近くのサラ金に行かれてはいかがでしょうか。

お金を借りたいときはこれもアリ!高利貸しも考えたい理由!

お金を借りる場所として人気なのは銀行です。金利が低くて安心というのがその理由です。お金を借りると絶対に金利というものが発生してしまいます。それは避けられませんが、せめて発生する金利を抑えることは可能です。少しでも低金利で借りられる場所でお金を借りたいと思うのが人情であり、また合理的な判断でもありますよね。下手な消費者金融よりはまずは銀行で…と思う人が多いと思います。

消費者金融などは銀行に比べると「高利貸し」のように見えることもあるのではないでしょうか。金利が高いため、気楽には少し使いにくいところがあるかと思います。消費者金融を最初から使うという人よりも、銀行で借りれなかった人が消費者金融に流れてくるといった実態もないわけではありません。

しかし、若干高利貸しという向きのある金融会社であっても、まったくメリットがないわけではありません。場合によっては「高利貸し」で借りた方が便利だ、という状況もありえますから、金利が高いからと毛嫌いせず、状況に応じてうまく使いこなしたいところです。

高利貸しの特徴についてまず確認しておきましょう。高利貸しというのは金利がやや高い貸金業者のことですが、それだけが高利貸しの特徴のすべてではありません。金利が高いというのは、別の特徴の等価交換のような部分があるのです。

銀行の例を考えてみてください。銀行は金利などが低くて条件がよいと思える反面、やや審査に手間取って大変だった、という声があることをご存じでしょうか?審査だけで何日も取られることすらもありえるのがこういった優良融資の特徴です。金利が低いだけに、他の部分が厳しかったりするのですね。

では高利貸しの特徴に戻りますが、金利が高いということは、別の部分が易しくなっているのかも?ということが予想できますね。実はその通りであり、高利貸しは金利がやや高い反面、それ以外の部分についてはあまりうるさいことを言われない傾向があります。銀行では借りれなかったけど消費者金融なら借りれたという声が多いことがそのことを物語っていると言えるでしょう。

高利貸しをうまく使いこなすためには、この特徴を知っておくとよいわけです。金利は少し高くなるけど、それ以外の部分についてはあまりうるさく言われたくない…というようなときには、銀行の厳しい融資などよりは高利貸しでササッと借りてしまった方が話が早いというような状況もあり得るでしょう。

どちらがよいと一概に言える問題ではありませんが、とにかく融資速度が早くないとどうにもならないというときには高利貸しに軍配が上がるかもしれません。

このように、キャッシングサービスというのは金利の高低だけでサービスの良し悪しが決まるわけではないのです。金利の高さも気にしつつ、それ以外の部分についても目を向け、上手に使いこなしてみてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 「キャッシング通らない」?→それなら、ここをお試しください! All Rights Reserved.